中華・ラーメン

【東武練馬の老舗中華】飛鳥

今回は板橋区の東武練馬駅に店を構える、昔ながらの町中華 飛鳥の紹介です。

老舗の町中華屋は一見、入りにくい雰囲気がありますよね。

しかしその壁をこえれば、素晴らしい味に出会えるかもしれませんよ😃

今回紹介する飛鳥もまさにそんな感じで、わざわざ訪れる価値のある名店です。

町中華の食事に興味のある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

中華料理 飛鳥

中華料理 飛鳥板橋区徳丸にあり、地元の人に愛されている町中華屋さんです。

東武東上線の「東武練馬駅」から、歩いて8分程の人通りの少ない場所に、お店はあります。

昼時になると地元の常連さんや、噂を聞きつけた一見さんで、行列が出来る繁盛店です。

店構えやディスプレイも年季が入ってますw

店内はお世辞にも綺麗とは言えませんが、なぜか居心地は悪くありません。

本来は2020年の5月に閉店予定でしたが、常連さんの要望で6月からはランチ営業のみに変更したようです。

いつ閉店してしまうかわからないので、早めの訪問をオススメします!





半チャーハン ラーメンセットと餃子


登場した瞬間に、王道の醤油ラーメンだと分かりましたw

スープは鶏ガラ醤油、具材はチャーシュー、メンマ、ほうれん草にナルトが入っています。

見た目のバランスもよく、まさにシンプル イズ ベストのラーメン。

飛鳥の醤油ラーメンは、スープも麺も文句の付けようがなく、お手本のような王道の味でした。

セットの半チャーハンは、少ししっとりめで、具材のバランスがよく、醤油ベースの味付けです。

ラーメンとの相性も、もちろん最高です。

単品で頼んだ餃子は、やわらかめの皮の中に、ニラが効いた挽き肉たっぷりの餡が入っています。

チャーハンに餃子の肉汁を組合わせると、また新たな味わいが生まれ、箸がよく進みます。

久しぶりに出会った王道の醤油ラーメンに大満足。

老舗の中華屋さんが作る醤油ラーメンに、間違いはありませんでした😀




生姜炒めライス

妻は生姜炒めライスを注文。

こちらも町中華では鉄板の一品!

妻いわく千切りキャベツとマヨネーズが、濃いめのお肉と相性がよく、ご飯のお供にピッタリだそうです。

自分も何枚かお肉を奪いましたが、生姜焼きのお手本のような味でした。

営業時間・定休日

【営業時間】11:00~15:00
(新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります)

【定休日】毎週木曜、毎月第2、4水曜

【座席数】15席(カウンター7席、テーブル2卓(8席))

【その他】全席禁煙、カード不可、食べログ

アクセス

●電車でのアクセス
東武東上線「東武練馬駅」:北口から徒歩約8分

【住所】東京都板橋区徳丸1-33-11
【駐車場】なし(近隣にコインパーキングあり)




まとめ

東武練馬の老舗中華、飛鳥はいかがでしたでしょうか?

夫婦二人で切盛りしている小さなお店ですが、地元住民に愛されるお店なので、味は保証付きです。

気取らないシンプルな料理は、見た目もどこか懐かしく、目と口で楽しめますよ😀

店にいて気になったのは、ワンタン麺を頼む人が多かったこと。

たしかにあの醤油ラーメンとワンタンは絶対に相性がいいので、次回はワンタン麺にしようかな。

昭和の町中華が懐かしい方は、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

それでは最後までご覧頂き、ありがとうございました!

ABOUT ME
ウエッキー
ランニングと山が好きな人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA