オアシス

【さよならレトロ遊園地】閉園間際のとしまえんに行ってきた!

2020/8/31で閉園してしまうとしまえんへ遊びに行ってきました。

としまえんは物心ついてから初めて訪れた遊園地だったり、練馬こぶしハーフマラソンでコースの一部でもあった園内を走ったり、いろんな思い出のある場所です。

閉園のお知らせを知ってから、最後にもう一度ということで、ずっと狙ってました。

訪れた日は閉園間際の8/23。

オープンの10時前にゲート前に着くと、すでに多くの人でにぎわう盛況ぶり。

入園後はまず、としまえんのシンボル回転木馬のカルーセルエルドラドへ向かいます。

カルーセルエルドラドは1907年のドイツ生まれで、生誕111年
アメリカに渡って活躍したあと、日本へ迎えられ2010年に機械遺産として登録されました。

この回転木馬はアメリカの作家、サリンジャーの名書「ライ麦畑でつかまえて」でも登場していてます。

物語のラストで、主人公のホールデン・コールフィールドと妹のフィービーの回転木馬でのやりとりが、本を読んで涙した初めての経験なので感慨深いです。

としまえん閉演後はどうなってしまうんだろう?



その後は空いてそうなアトラクションから攻めていきました。

遠心力で回転するトロイカ。(意外と怖い)

スリル満点のフライングパイレーツ

レトロ感ただようブレイクダンス

開放感のある回転ブランコ

意外と速くて驚いたブラワーエンジン

鏡だらけのミラーハウス

35m上空でグルグル回るイーグル
イーグルからの景色。

年甲斐もなく、一日中遊んでしまいました😅

真夏日にもかかわらず、大勢の人たちでにぎわっていたので、としまえんの人気の高さがうかがえます。

跡地にはハリーポッターのテーマパークができるそうだけど、地元の人に受け入れられるのかな?

こんな素晴らしい遊園地がなくなってしまうのは残念ですが、最後の最後に遊べて良い思い出になりました🙂




ABOUT ME
ウエッキー
ランニングと山が好きな人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA