登山

【災害時に役立つ登山用品】備えて良かった!頼りになる防災アウトドアグッズ一覧

地震、台風、ゲリラ豪雨と、全国各地で頻発する自然災害。

いつどこで被災するかわからない自然災害から身を守るには、事前の準備が不可欠です。

ひとたび大規模災害が起きると

  • ライフライン(ガス・電気・水道)が分断される
  • スーパーやコンビニなどで水と食料が買えなくなる

など、生活に直結する問題が出てきます。

そんな時、役に立つのが防災グッズも兼ねた登山用品

コンパクトで丈夫なものばかりなので、ライフラインが使えない環境下で心強い味方となります。

本記事では、登山歴13年の筆者がこれまでの経験をもとに、防災にも使える登山用アウトドアグッズを用途別に紹介していきます。

  • 防災にも役立つ登山・アウトドアグッズを探している人
  • 防災グッズといっても、何を準備すればよいかわからない人

におすすめの内容です。

もしもの時の防災グッズは、災害による不安やストレスを最小限にとどめ、被災後の生活を立て直すいしずえになります。

また、身の回りの大切な人を守ることにもつながります。

災害が起こったあとに必要なものを揃えようと思っても、お店の棚は空っぽです。

自然を相手に身を守るアイテムを事前に準備し、いつ起こるかわからない災害に備えましょう。

※目次をタップすると、リンク先へジャンプできます。

災害への備えは何が必要?

予期せぬ自然災害に私たちができる事前準備は、どのようなものがあるでしょうか?

内閣府によると備蓄の目安は、水も食料も最低3日分は必要とされています。
(参考:地震に備える‐内閣府防災情報のページ

水は1人あたり、飲料水として1日2リットル、食事用に1日1リットル、3日分だと合計9リットルにもなります。

こう聞くと結構な量ですよね。

人間は水分がないと3日程度、食べ物がないと30日前後が限界のようです。

大規模災害が起こると物流もストップするため、スーパーやコンビニなどで食料を手に入れることができません。

そのため「水と食料の確保」が第1に必要になります。

次に「ライフラインが復旧するまでの必需品」です。

ガス・電気・水道が止まると

  • 火が使えない
  • 家電が使えない
  • トイレ・お風呂が使えない

など、普段の生活ができなくなります。

東日本大震災では、インフラが完全復旧するまで、ガスは約2ヶ月、電気は約3ヶ月、水道は約6ヶ月半かかりました。
(参考:Yahoo! JAPAN‐防災手帳

そのため、非常時でも最低限の生活を可能にしてくれる「コンパクトで丈夫な登山用品」が頼りになります。

最後に「避難所で役立つ便利グッズ」です。

自宅が被災し、避難所で生活しなければならないことも十分想定できます。

多くの人で混み合う避難所は

  • プライベートな空間がない
  • 床が硬くて体が休まらない
  • 冬は寒くて眠れない

などの問題が考えられ、心も体も休まりません。

しかし、快適に過ごせるアイテムがあれば、生活のクオリティが上がり心に余裕が生まれます。

心に余裕が生まれれば、数多くの不安と向き合い、前に進むことができるでしょう。

以上が災害が起こる前に必要な「事前の備え」となります。

  • 被災時の水と食料
  • ライフライン復旧までの必需品
  • 避難所で役立つ便利グッズ

これら3つのカテゴリーに分け、災害時に頼りになる登山用品を紹介していきます。

被災時の水と食料

備蓄用飲料水と浄水器

備蓄用保存水人間は水分をまったくとらないと、3日程度しか生きられません。

そのため飲み水は最低でも1人あたり1日2リットルとして計3日分は用意しておきたいところ。

備蓄用飲料水」であれば、賞味期限も長いため長期保存が可能です。

値段も安く、ネットで頼めば自宅まで配送してくれるので、手間がかかりません。


近くに川や池がある場合は、アウトドア用の「浄水器」も持っていると安心です。

断水のなか、飲み水を確保しなくてはならない時に大いに役立ちます。


また汗を大量にかく季節には、脱水症予防に「経口補水液も必要です。

水分補給としてはスポーツドリンクより優れているため、夏山へ行く時には必ず持っていきます。

OS-1の賞味期限は、製造日から15カ月ほどと備蓄には向きません。

しかし脱水症予防に効果があるので、定期的に入れ替えて、もしもの時に備えましょう。


>>Amazonで「保存水」の売れ筋商品を見てみる
>>楽天で「保存水」の売れ筋商品を見てみる

自宅に大量の飲料水が保存してあると、それだけで心強いですよ🙂

非常食(アルファ米)

登山・非常用アルファ米非常食として、とても優秀なのがアルファ米

アルファ米とは、炊きたてのごはんをそのまま急速乾燥したものです。

わたしも山でテント泊をする時や、日帰りでも緊急用の食料として必ず持っていきます。

ライフラインが断たれても、保存水とバーナーを持っていれば「温かくて美味しいごはん」が食べられます

主なメリットは、

  • お湯を入れるだけで完成(水でも可)
  • 長期保存が可能(約5年)
  • 種類が豊富で美味しい
  • かさばらず軽量で、持ち運びが便利

など、備蓄用の食糧として最適です。

おすすめは白米タイプのアルファ米に、レトルト食品(カレーや牛丼など)を入れること。

料理が苦手な方でも簡単にごちそうが作れますよ。

商品名
尾西食品 アルファ米
14種類全部セット

アルファー食品 安心米
10種類セット

尾西食品 アルファ米
白飯 10個

尾西食品 携帯おにぎり
3×3セット
メーカー尾西食品アルファー食品尾西食品尾西食品
内容量/出来上がり量
(1つ)
100g/260g100g/270g100g/260g42g/109g
保存期間約5年約5年約5年約5年
Amazonレビュー星5つ評価うち4.3
(5,317個の評価)
星5つ評価うち4.4
(88個の評価)
星5つ評価うち4.3
(302個の評価)
星5つ評価うち4.2
(1,922個の評価)
価格¥ 4,990¥ 3,510¥ 2,869¥ 1,928

>>Amazonで「アルファ米」の売れ筋商品を見てみる
>>楽天で「アルファ米」の売れ筋商品を見てみる

ライフラインが復旧するまでの必需品

ヘッドライト

登山用ヘッドライト暗闇での行動に欠かせないのがヘッドライト

夜間に避難しなくてはならない場合でも、光源が自分の視界と連動するため、暗闇の中を安全に歩くことができます

また両手が自由に使えるので、停電中の作業にも役立ちます。

ヘッドライト選びのポイントは、

  • 200ルーメン以上の明るさがある
  • 自分に合った充電タイプを選ぶ(乾電池またはUSB充電)
  • 防水+軽量であるか

です。

人間は暗闇の中では自由に動けません。

災害時はすぐ行動できるように、ヘッドライトは決まった場所に置いておきましょう。

商品名
Black Diamond
ストーム400

ペツル
E093FA ティカ

ペツル Bindi
メーカーBlack DiamondPETZLPETZL
照射力(最大)400ルーメン、65m300ルーメン、65m200ルーメン
重量120g82g35g
電源単4アルカリ電池4本単4アルカリ電池3本USB充電式
防水性能IP67 (全天候型)IPX4 (全天候型)IPX4 (全天候型)
Amazonレビュー星5つ評価うち4.7
(1,181個の評価)
星5つ評価うち4.7
(2,269個の評価)
星5つ評価うち4.6
(1,512個の評価)
価格¥ 5,940¥ 4,400¥ 5,320

>>Amazonで「ヘッドライト」の売れ筋商品を見てみる
>>楽天で「ヘッドライト」の売れ筋商品を見てみる

LEDランタン

非常用LEDランタン停電により電気が使用できない夜間には「LEDランタン」があると便利です。

暗闇の中でやさしく光るLEDランタンは、不安を解消し、安らぎを与えてくれます

軽量のランタンはテントの中に吊るしておくこともできるので、夜間に食事をしたり、何か作業したりする時に重宝します。

移動用のヘッドライト、定位置用のランタンと「明かり」を使い分けておくと節電にもなりますよ。

商品名
レッドレンザー
MLシリーズ

ナフロ
意外と便利なランタン

Lepro
LEDキャンプランタン
メーカーLedlenserNaFroLepro
明るさ(最大)300ルーメン140ルーメン350ルーメン
サイズ29mm×97mm90mmx47mm
(折りたたみ時)
60mmx146mm
重量71g134g152g
電源USB充電式USB充電式
ソーラー充電式
スマホへの充電も可
単三電池3本
Amazonレビュー星5つ評価うち4.6
(2,404個の評価)
星5つ評価うち4.1
(656個の評価)
星5つ評価うち4.3
(327個の評価)
価格¥ 4,950¥ 2,480¥ 1,399

>>Amazonで「LEDランタン」の売れ筋商品を見てみる
>>楽天で「LEDランタン」の売れ筋商品を見てみる

ソーラーバッテリー

非常用ソーラーバッテリ太陽があればどこでも充電できる」ソーラーバッテリー。

コンセントが必要ないので、災害時にも重宝します。

昼間のうちにソーラーバッテリーでモバイルバッテリーを充電しておけば、USB接続の家電を遠慮なく使うことができますよ。

山へ持っていくには少しかさばりますが、スマホのバッテリー切れを心配する必要はありませんでした。

ちなみにパネル式のソーラーバッテリは、折り畳むことができ、コンパクトにまとまります。ソーラーバッテリ収納時

日の当たる場所であればすぐ充電できるので、持っていて損はないアイテムです

商品名
EENOUR
ソーラーチャージャー

Lakko
ソーラーチャージャー

TTY
ソーラーチャージャー
メーカーEENOURLakkoTTY
サイズ厚さ25mm
長さ260mm
幅170mm
厚さ38mm
長さ190mm
幅116mm
厚さ25mm
長さ160mm
幅80mm
重量700g580g402g
USBポート2つ4つ2つ
Amazonレビュー星5つ評価うち4
(133個の評価)
星5つ評価うち4.2
(3,337個の評価)
星5つ評価うち4.1
(116個の評価)
価格¥ 7,980¥ 3,730¥ 3,980

>>Amazonで「ソーラーバッテリー」の売れ筋商品を見てみる
>>楽天で「ソーラーバッテリー」の売れ筋商品を見てみる

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーいまや生活に欠かすことのできないモバイルバッテリー

普段から使っている方も多いのではないでしょうか?

1番身近な防災アイテムとして、1人2つ持っておくと安心でしょう。

もしもの時は、ソーラーバッテリーと組み合わせが最強ですよ。

商品名
Anker PowerCore
Essential 20000

Anker PowerCore
10000

INIU
モバイルバッテリー
メーカーAnkerAnkerINIU
バッテリー容量20000mAh10000mAh10000mAh
重量343g180g198g
サイズ厚さ19mm
長さ158mm
幅74mm
厚さ22mm
長さ92mm
幅60mm
厚さ12mm
長さ132mm
幅68mm
ポート数2 (USB-A x 2)1 (USB-A )USB-C×1
USB-A×2
Amazonレビュー星5つ評価うち4.4
(15,611個の評価)
星5つ評価うち4.3
(37,978個の評価)
星5つ評価うち4.3
(2,400個の評価)
価格¥ 4,990¥ 3,490¥ 2,499

>>Amazonで「モバイルバッテリー」の売れ筋商品を見てみる
>>楽天で「モバイルバッテリー」の売れ筋商品を見てみる

登山用ガスバーナー

登山用ガスバーナーガスバーナーがあれば、災害によりガスが断たれても、温かい飲み物や温かい食事をとることができます

体の中から温まると、自然と活力が湧いてくるので、ぜひ持っておきたいアイテムです。

おすすめなのは「瞬間湯沸かし器」と呼ばれるジェットボイル。


モデルにもよりますが、最速で1分40秒、平均して2分30秒ほどでお湯が沸きます。

わたしも10年ほど使用しており、山へ行く時には欠かせません。

アルファ米やカップラーメンの調理?があっという間にできるため、料理が苦手な方におすすめです。

ゴトクも付属しているので、シングルバーナーとしても使用できます。

調理もしたいという方はもう1台、シングルバーナーを持っておくとよいでしょう。

2台併用することによって、料理の幅が広がります。

停電が続いてもバーナーあれば、冷蔵庫の野菜やお肉を腐らせる前に調理することができますよ

商品名
プリムス P-153
ウルトラバーナー

スノーピーク
ギガパワーストーブ 地

ソト アミカス
コンパクトストーブ
メーカーPRIMUSSnow PeakSOTO
本体重量110g90g81g
収納サイズ7.5×8.8×3.0cm4.5×3.7×8.2cm4.0×4.3×7.5cm
出力3,600kcal/h2,500kcal/h2,600kcal/h
Amazonレビュー星5つ評価うち4.6
(840個の評価)
星5つ評価うち4.6
(398個の評価)
星5つ評価うち4.6
(569個の評価)
価格¥ 9,797
(ガス1缶付き)
¥ 6,600¥ 5,500

>>Amazonで「登山用ガスバーナー」の売れ筋商品を見てみる
>>楽天で「登山用ガスバーナー」の売れ筋商品を見てみる

登山用クッカーセット

登山用クッカーセットガスバーナーと一緒に持っていたいのが、登山用のクッカーセット

これがあれば炒め物やパスタ、インスタントラーメンなどが作れます。

調理器具にも食器にもなるため、後片付けも少なくすみます。

登山用のものはコンパクトに収まるので、持ち運びも便利です。

軽くて丈夫なので、一度購入すれば半永久的に使えますよ。

商品名
スノーピーク チタン
パーソナルクッカーセット

モンベル アルパイン
クッカー 16+18セット

スノーピーク アルミ
パーソナルクッカーセット
メーカーSnow Peakmont-bellSnow Peak
材質チタン製アルミニウム製アルミニウム製
セット内容クッカーL(1,000ml)
クッカーS(780ml)
フタL(500ml)
フタS(350ml)
クッカー 16(1500ml)
クッカー 18(2000ml)
フライパン18(1340ml)
クッカーL(1,000ml)
クッカーS(780ml)
フタL(500ml)
フタS(350ml)
重量330g763g485g
Amazonレビュー星5つ評価うち4.5
(238個の評価)
星5つ評価うち3.9
(8個の評価)
星5つ評価うち4.6
(3,661個の評価)
価格¥ 8,220¥ 7,000¥ 5,411

>>Amazonで「登山用クッカーセット」の売れ筋商品を見てみる
>>楽天で「登山用クッカーセット」の売れ筋商品を見てみる

非常用簡易トイレ

非常用簡易トイレ人間の生活になくてはならないトイレ。

しかし、断水時には水を流すことができなくなり、使えません。

また災害時はゴミ回収もないため、排泄物を簡単には捨てられず「匂いや衛生面」での問題も出てきます。

そんな時便利なのが、すぐに使えて匂いを封じ込める「携帯トイレです。

生理現象は我慢しようにも、どうになりません。

人は1日に5回以上トイレに行くので、もしもの前に備えておきましょう。

渋滞中や登山中の緊急時には1、2個あれば十分ですが、備蓄用には30回分(6日分)以上あると安心です。

商品名
驚異の防臭袋 BOS
非常用 簡易トイレ

Qbit
いつでも簡単トイレ

Qbit いつでも
どこでも 携帯トイレ
メーカーBOSQbitQbit
使用回数50回分30回分2回分x5袋
(10回分セット)
保存年数約10年約15年約15年
使用方法便器装着タイプ便器装着タイプ携帯タイプ
Amazonレビュー星5つ評価うち4.3
(1,241個の評価)
星5つ評価うち4.3
(482個の評価)
星5つ評価うち4.3
(462個の評価)
価格¥ 4,000¥ 2,980¥ 2,480

>>Amazonで「非常用簡易トイレ」の売れ筋商品を見てみる
>>楽天で「非常用簡易トイレ」の売れ筋商品を見てみる

避難所で役立つ便利グッズ

携帯ラジオ

非常用ラジオ災害時には情報収集が最重要。

ラジオであれば地域ごとの「ライフラインの復旧情報」「防災情報」を確認できます。

登山でも数日かけて縦走する時には、天気予報を確認するために欠かせないアイテムでした。

また、スマホと違い消費電力も少なく、電池の持ちがいいのも特徴です。

携帯ラジオにもさまざまなタイプがありますが、ポケットタイプが持ち運びに便利なのでおすすめです。

ラジオから流れてくる人の声は、安らぎや安心感を与えてくれます。

災害時には、心強さを感じるアイテムとなるのでしょう。

商品名
ソニー PLL
シンセサイザーラジオ

Geum 防災士推薦
多機能防災ラジオ

TECKLINE 防災ラジオ
メーカーSONYGeumTECKLINE
本体重量80g520g380g
サイズ1.89×5.76×9.45cm20.2×9.0×8.0cm16×6.3×8.1cm
電源単4アルカリ電池1本アルカリ乾電池(単4×3)
手回し・ソーラー充電可能
USB充電式
手回し・ソーラー充電可能
ポイント約100時間稼働スマホ充電可
LEDライト内蔵
1年保証あり
スマホ充電可
LEDライト内蔵
チューナータイプAM/FMAM/FMAM/FM
Amazonレビュー星5つ評価うち4.2
(567個の評価)
星5つ評価うち4.2
(543個の評価)
星5つ評価うち4.3
(286個の評価)
価格¥ 12,612¥ 5,680¥ 3,999

>>Amazonで「携帯ラジオ」の売れ筋商品を見てみる
>>楽天で「携帯ラジオ」の売れ筋商品を見てみる

登山用テント

登山用テントもし、自宅が被災して避難所で過ごすことになった時、「プライベートな空間」を確保するのに重宝するのが登山用テントです。

避難所でテントが張れない場合でも、フライシートをかぶれば、着替えやトイレなどに使えます。

登山用テントは、キャンプ用テントよりお値段が高いですが

  • 軽い
  • 組み立てが簡単
  • コンパクトに収納できる

などのメリットがあります。

登山を趣味としている人は、是非ともテント泊を経験してみてください。

なぜなら、山でのテント泊は災害時の環境と似ているため、もしもの時の予行練習にもなるからです。

山の中で楽しみながら、防災力を鍛えましょう。

商品名
スノーピーク
テントファル Pro.air

アライテント
トレックライズ1

プロモンテ
超軽量山岳テント
メーカーSnow PeakARAI TENTPuroMonte
本体重量
1,710g1,460g1,385g
サイズ高さ100cm
長さ210cm
幅130cm
高さ105cm
長さ210cm
幅110cm
高さ100cm
長さ225cm
幅120cm
対応人数2人1〜2人2人(ロング)
Amazonレビュー星5つ評価うち4.5
(37個の評価)
星5つ評価うち4.5
(17個の評価)
星5つ評価うち4.3
(58個の評価)
価格¥ 52,250¥ 46,420¥ 43,153

>>Amazonで「登山用テント」の売れ筋商品を見てみる
>>楽天で「登山用テント」の売れ筋商品を見てみる

ツェルト

非常用ツェルト登山用テントよりも軽量なのが「ツェルト」と呼ばれる緊急用簡易テント。

「ポンチョ」や「風よけ」としても使用可能です。

あくまでも緊急用なので、軽量テントとしての居心地はよくありません。

しかし保温性があるので、包まるだけでも暖かく、体力の温存が可能です。

避難所では、着替えやトイレの目隠しにも使えます。

手のひらサイズなので、持ち運びも簡単。

お守りがわりに登山用・避難用ザックに入れておくと、もしもの時も安心ですよ。

商品名
アライテント ビバーク
ツェルト1 ロング

キャプテンスタッグ
ソロツェルト

モンベル
カモワッチテンチョ
メーカーARAI TENTCAPTAIN STAGmont-bell
本体重量240g
(付属品なし)
620g
(付属品含む)
590g
(付属品含む)
サイズ設営時:80×210×90cm
収納時:16×7cm
設営時:80×210×90cm
収納時:20×10cm
設営時:120×260×150cm
収納時:23×9cm
対応人数1〜2人1人2人
Amazonレビュー星5つ評価うち4.4
(20個の評価)
星5つ評価うち3.7
(24個の評価)
星5つ評価うち3.2
(5個の評価)
価格¥ 11,550¥ 9,300¥ 14,080

>>Amazonで「ツェルト」の売れ筋商品を見てみる
>>楽天で「ツェルト」の売れ筋商品を見てみる

シェラフ(寝袋)

登山用シェラフ(寝袋)気力や体力を蓄え、心身のコンディションを万全にするには良質な睡眠が欠かせません。

しかし、被災直後は避難所でも十分な寝具が行き渡らず、うまく休めない可能性もあります。

そのため、寝具は自前で用意しておくのが安心でしょう。

登山用シェラフであれば体全体を包んでくれ、安心感を与えてくれます。

おすすめは「軽くて暖かい羽毛タイプ」ですが、「値段が高い」のがデメリットです。

その分、羽織るだけで寒さを凌げるので、フワフワのダウンジャケットやブランケットだと思えばそこまで高くないかもしれません。

シェラフはシーン別の種類も多いですが、3シーズン用のシェラフが1番応用がききます。

車中泊するときにも重宝するので、ぜひ快適な睡眠を手に入れてください。

商品名
カリンシア
Defence 1 Top

モンベル
バロウバッグ #3

Soomloom マミー型
寝袋(羽毛量600g)
メーカーCarinthiamont-bellSoomloom
本体重量1,250g1,085g1,100g
サイズ215×83㎝183㎝210×80㎝
快適温度4度6度0〜15度
使用可能温度−10度1度−5度
Amazonレビュー星5つ評価うち4.7
(174個の評価)
星5つ評価うち3.1
(6個の評価)
星5つ評価うち4.2
(1,210個の評価)
価格¥ 22,800¥ 15,781¥ 8,474

>>Amazonで「シェラフ(寝袋)」の売れ筋商品を見てみる
>>楽天で「シェラフ(寝袋)」の売れ筋商品を見てみる

シェラフ(寝袋)用マット

シェラフ(寝袋)用マット体育館などの避難施設は床が硬く、体が休まりません。

冬は床からくる寒さもプラスされ、体が冷えてしまいます。

この状況は、山でのテント泊でもまったく一緒です。

そんなときは、クッション性があり、冷気を遮断してくれる「シェラフ用マット」が役立ちます。

柔らかなマットの上で横になると、心も体も休まりリラックスできますよ。

座布団がわりにもなるので、お尻も痛くなりません。

睡眠時の快適さをアップさせるアイテムとして、ぜひ検討してみてください。

商品名
サーマレスト
エアマットレス

フィールドア ウルトラ
ライト エアーマット

Soomloom 寝袋用マット
メーカーTHERMARESTFIELDOORSoomloom
本体重量510g450g410g
サイズ展開時:183×51㎝
収納時:28×10㎝
展開時:190×58㎝
収納時:22×10㎝
展開時:183×55㎝
収納時:55x13x12㎝
Amazonレビュー星5つ評価うち4.4
(134個の評価)
星5つ評価うち4.3
(377個の評価)
星5つ評価うち4.2
(2,969個の評価)
価格¥ 14,300¥ 3,800¥ 2,490

>>Amazonで「シェラフ(寝袋)用マット」の売れ筋商品を見てみる
>>楽天で「シェラフ(寝袋)用マット」の売れ筋商品を見てみる

マルチツールナイフ

マルチツールナイフ山でもどこでも、あると便利なのがマルチツールナイフ

ナイフやハサミ、ドライバーなどの機能が「手のひらサイズ」に収まり、ちょっとした作業の時に助かります。

特にハサミは袋を切ったり、衣服を修理したりする時に便利です。

料理でナイフを使うときは、きちんと握れて力が入る、ちょっと大きめのサイズがおすすめですよ。

登山や避難所での生活はもちろん、普段の生活にも役立つので、持っていて損はありません。

商品名
レザーマン
SIDEKICK SDKS

ビクトリノックス
ハントマン ウッド

ビクトリノックス
クラシックSD
メーカーLEATHERMANVICTORINOXVICTORINOX
本体重量195g95g21g
サイズ9.7×2.5cm9.1×1.8cm5.8×0.9cm
機能数14137
Amazonレビュー星5つ評価うち4.8
(2,982個の評価)
星5つ評価うち4.8
(679個の評価)
星5つ評価うち4.5
(1,704個の評価)
価格¥ 7,980¥ 6,485¥ 1,848

>>Amazonで「マルチツールナイフ」の売れ筋商品を見てみる
>>楽天で「マルチツールナイフ」の売れ筋商品を見てみる

まとめ:登山を楽しみながら、防災力も鍛えよう

以上、災害時に役立つ登山・アウトドアグッズを紹介してきました。

これらの道具は、ライフラインが使えない環境下で心強い味方となります。

自然災害が起こった時、防災の準備をしているかしてないかで、その後の生活に大きく影響します。

また被災時に慌てないよう、普段から防災道具に慣れておくことも大切です。

そのためには、災害時と同じ状況である山へ行き、実際の道具を試してみましょう

登山で培った知識と経験が、もしもの時にも役立つはずです。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました😌

ABOUT ME
ウエッキー
ランニングと山が好きな人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA