登山

【中央線沿線登山】紅葉の倉岳山・高畑山 プチ縦走

+2

今回は秀麗富嶽十二景にも認定されている倉岳山(990m)、高畑山(732m)の紹介です。

コースはJR中央線梁川(やながわ)駅から寺下峠を経由し、倉岳山、高畑山を経て鳥沢駅に下山するコースです。

寺下峠までの登山道は道に迷いそうな場所があり、その辺りの情報もまとめてみました。

稜線歩きが気持ちのいいコースでもあるので、興味ある方はぜひご覧下さい。

自然災害等によりコース状況が変わる場合もありますので、登山の際は最新の情報をご確認下さい。

倉岳山、高畑山 基本データ

倉岳山、高畑山は大月市が定めた秀麗富嶽十二景の九番山頂です。

倉岳山は前道志と呼ばれる秋山山稜の最高峰で、北側は百蔵山、扇山の展望がよく、眼下には鳥沢や猿橋の町を見下ろせます。

南側は丹沢の山並みと富士山のコラボレーションを楽しめ、山梨百名山の一つにも認定さてています。

頂上は20人ほど休憩出来る広さがあり、お昼休憩に向いてます。

高畑山は北側の展望は良くないですが、南側の富士山方面は展望が開けています。

頂上は横長に広がっていますが、そこまで広くありません。

標高 倉岳山:990m
高畑山:732m
所在地 山梨県大月
エリア 前道志(秋川山稜)
登山適期 3月から12月

倉岳山、高畑山はセットで登られることが多く、高畑山は鳥沢駅から登山口まで歩いて約30分、倉岳山は梁川駅から立野峠へ至る登山口まで約25分、寺下峠を経由する登山口だと約30分でアクセスできます。

どちらも桂川を渡ってのアクセスですが、桂川の渓谷美も見所の一つ。

よく本などで紹介されているメジャーなコースは鳥沢駅から高畑山→倉岳山→立野峠→梁川駅のコースです。(通常コースタイム約5時間30分)

我々は人の少ないコースが好きなので、梁川駅からマイナーな寺下峠ルートを歩いてきました。

このコース、下のコースデータを見てもらうと分かりますが、寺下峠から高畑山までピークが6つあり、変化に富んだルートです。

また、下調べでは寺下峠のルートは所々荒れてたり、迷いやすいとのことだったので、拡大した25000図の地形図とコンパスを持参し地形を確認しながら歩きました。

けど、谷沿いから尾根にとりつくところで、そのまま谷沿いを歩きコースを外れてしまうことに・・・

コースレポでは道を外れてしまった場所も案内しているので、このコースを利用する際の参考になれば嬉しいです。

その他の秀麗富嶽十二景に認定されている山は、大月市の秀麗富嶽十二景登山情報をご覧下さい。

コースデータ


コースデータ詳細:【】は通常コースタイム

  • 梁川駅(標高約290m)→【0:30】→梁川町塩瀬(標高約315m)
  • 梁川町塩瀬→【1:30】→寺下峠(標高約698m)
  • 寺下峠→【1:00】→鳥屋山(標高約808m)
  • 鳥屋山→【0:45】→立野峠(標高約810m)
  • 立野峠→【0:35】→倉岳山(標高約990m)
  • 倉岳山→【0:20】→穴路峠(標高約842m)
  • 穴路峠→【0:35】→高畑山(標高約982m)
  • 高畑山→【1:00】→石仏(標高約540m)
  • 石仏→【0:25】→小篠貯水池(標高約362m)
  • 小篠貯水池→【0:35】→鳥沢駅(標高約270m)

コースレポート

梁川駅から寺下峠

低山も色づきはじめた11月、車だとどこも混でそうなので、電車でのアクセスが簡単な山を探して、見つけたのが倉岳山と高畑山。

コースは梁川駅から寺下峠経由で倉岳山、高畑山を縦走し、鳥沢駅ゴールの駅to駅コースです。(登山日は20/11/15)

梁川駅まではJR中央線で新宿駅から約1時間20分ほどで行けちゃいます。

駅の階段上からはこれから向かう倉岳山が迎えてくれました。

昔は鞍岳山と言われていたそうで、その名の通り鞍の形に見えます。(奥にある山がそうです)

梁川駅は無人駅でトイレと自販機はありますが、コンビニはありません。(鳥沢駅にはあり)

寺下峠への登山口は駅から国道20号線を左(東)へ進みます。

途中の開けた場所から梁川大橋がかっこよく見えるポイントがありました。

倉岳山への一般的なコースはこの柳川大橋を渡り、立野峠経由で向かうようです。

駅から2つめの信号を右へ曲がります。(案内標識もあり)

信号を曲がったら道が二手に分れてるので、左へ進み

塩瀬大橋を渡ります。

ここから見下ろす桂川渓谷が綺麗でした。奥に倉岳山も。

そのまま道なりに進むと民宿があり、その先の案内標識に従って歩くと登山口に到着します。

ここまで、通常タイムだと30分ほどです。

事前に調べたところ、ここから寺下峠の間は所々荒れているとのこと。

なので久々に地形図を手にとり、まわりの地形と地形図を見比べながら進むことにしました。

しばらくは雑木林の中、黒い水道管パイプと共に進みます。

コースは昔ながらの峠道といった感じで、フカフカ落ち葉の中を歩いて行きます。

意外と案内標識も豊富で、しばらくは踏み跡もしっかりしています。

沢を渡り、しばらく進むと水道管パイプの大元?のような構造物がありました。

この後もう一度沢を渡ると、この辺りから少し荒れ出しました。

踏み跡を確かめながら、谷沿いを進むと道荒れがひどくなってきて、

アレッ?と思い引き返すと、道を外れてました。。

道を外れた場所は、ここ。青方向が正解だけど、赤方向に行ってしまった。

下を向いて歩いてたらまったく気づかなくて、そのまま谷方向へ・・・

同じような人が現れないように、登山道から外れたところにあった枯木を置いておきました。

上記地点から左へ目を向けるとちゃんと登山道があり、赤テープも巻かれてます。

こういうことはマイナーコースあるあるなので、少しでも迷ったなと感じたら、明確にわかる登山道まで戻って辺りを確認しましょう。

ちなみに地形図でいうと500mと550mの等高線の間の赤丸部分です。(青線は谷筋です)

ここから先は斜面にロープが張ってあり、注意が必要なエリアです。

登りはシューズのグリップを効かせて登れば問題ないですが、下山で通過する場合は滑りやすそうなので慎重に。

ロープゾーンが終われば、残りは緩やかな道です。

左手には色づいた矢平山(860m)が見えました。

しばらく歩くと道をふさいでいるコが現れますが、

上側に避けられるトレースがあります。

倒木をこえるとようやく寺下峠に到着です。

このコースの核心部は標高500mから600mの間ですかね。

谷沿いの道とロープゾーンは注意が必要ですが、それ以外は静かな山歩きができます。

寺下峠から倉岳山→高畑山→鳥沢駅

ここから高畑山までは小さなものも含めて6つピークを越えていきます。

ピーク前後以外はなだらかな気持ちいい尾根道で、紅葉を楽しみながら歩いてきました。

まずは舟山

この稜線は右がスギやヒノキの造林木、左がブナなどの広葉樹で分けられてました。

次は鳥屋山

この辺りはいろんな黄色を楽しめました。

立野峠の案内図は新しく、梁川駅側へ10分行ったところに水場もあるそうです。

ここから倉岳山までの登りが急坂で、今回のコースで一番キツいポイントでした。

けど景色はいいので歩いてるだけで癒されます。

倉岳山、到着!この日はじめての富士山!

北側からは鳥沢や猿橋の町がみえ、その先に大菩薩嶺を望めます。

倉岳山から穴地峠までは急な下りが続くので、足下注意。

穴路峠には峠道文化の森についての説明書きがあり、昔は峠の往来が盛んだったようです。

穴路峠から少し登ると百蔵山と扇山の眺望がいい場所があり、その先が天神山です。(天神山は眺望なし)

落葉樹のトンネルを抜け、

高畑山への最後の登りを乗り越えると、

高畑山到着!しかし富士山は霞んで見えず。。

高畑山からの下りも結構急で、滑らないよう注意が必要です。

全体的に踏み跡がしっかりしていて迷う箇所はありませんが、落ち葉で浮き石が隠れたりしているので、慎重に下りましょう。

石碑がある穴路峠との分岐まできたら、沢沿いを進み貯水池へ。

以前来たとき綺麗な湖面が印象的でしたが、今回はなぜか空っぽでした。

そしてゲートをくぐり、

鳥沢駅までのどかな町を歩きます。

桂川を渡り、国道20号線をしばらく歩くとゴールである鳥沢駅に到着します。

近代的な建物でなかなかオシャレです。(駅そばにコンビニあり)

帰りは電車の中で気持ち良く眠っての楽ちん帰宅。

この日は変化に富んだ静かなコースを紅葉の中で楽しめたので、満足な1日でした!

地図情報

25000図: 高畑山、倉岳山

倉岳山、高畑山登山口へのアクセス

公共交通アクセス

寺下峠登山口: JR中央本線梁川駅から徒歩約30分

立野峠登山口: JR中央本線梁川駅から徒歩約25分

高畑山登山口: JR中央本線梁川駅から徒歩約30分

マイカーアクセス

高畑山、倉岳山への登山口周辺の駐車場はありません。

JR中央線大月駅か上野原駅のコインパーキングに駐めてのアクセスになります。(健脚者の縦走にはちょうどいい距離かも)

タイムズ 上野原駅第3駐車場:16台
駐車後24時間 最大料金平日600円、土日700円
その他詳細はタイムズのHPをご覧下さい。

タイムズ 大月第5駐車場:7台
駐車後24時間 最大料金500円
18:00-08:00 最大料金300円
その他詳細はタイムズのHPをご覧下さい。

 

入浴施設

残念ながら梁川駅、鳥沢駅近くに入浴施設はありません。

汗を流すなら中央線沿線の銭湯で、ゆっくり過ごすのもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

個人的には、天神山付近から見えた扇山と百蔵山の山容が、地味ながらいい山だなーと思いました。

今回の倉岳山、高畑山登山を簡単にまとめるとこんな感じです。

  • 都内からアクセス良好なのに静かな山歩きが楽しめる
  • 低山だけど登りごたえ十分な縦走コース
  • 秀麗富嶽十二景なので、富士山の展望はいい

 

寺下峠までの登山道は若干荒れていたので、迷ったと思ったらコースが分かる場所まで引き返し、周りを確認しましょう。

駅to駅の登山だと渋滞にもあわず、電車の中で寝たり本読んだりして帰れるので、気分的にも楽でした。

ちなみに新宿駅から梁川駅までJR線だと1170円、京王線を使うと790円、と移動時間もさほど変わらず380円もお得になりますよ。

また、同じ中央線沿線つながりの記事もいくつかあるので、よかったらご覧下さい。

この記事が少しでも役にたてれば嬉しいです。

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました!

+2
ABOUT ME
ウエッキー
ランニングと山が好きな人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA