登山

【中央線沿線登山】大月御前山から日本三大奇矯の猿橋へ

+1

今回は秀麗富嶽十二景の一座である大月御前山(730m)の紹介です。

コースはJR中央線大月駅から菊花山を経由し、御前山から猿橋駅に下山するプチ縦走コースです。

通常タイムでも3時間半ほどの行程ですが、低山とは思えない登りごたえと景色のよさを楽しめます。

今回は8時半に大月駅を出発し11時半には下山できたので、アフターで日本三大奇矯の猿橋にも寄ってみました。

簡単に情報をまとめてみたので、中央線沿線の登山に興味ある方はぜひご覧下さい。

自然災害等によりコース状況が変わる場合もありますので、登山の際は最新の情報をご確認下さい。

大月御前山 基本データ

大月御前山は大月市が定めた秀麗富嶽十二景の十番山頂です。

自分はてっきり富士山の眺めがいい12座を富嶽十二景と言うものだと思ってましたが、富士山が十二単を着ているように見えたから十二景だそうです。

一番山頂から十二番山頂まであり、1つの山頂(山域)で2座あるものもあります。

ややこしいですが、現在20座認定されています。

その他の山は大月市の秀麗富嶽十二景登山情報をご覧下さい。

標高 730m
所在地 山梨県大月
エリア 前道志(秋川山稜)
登山適期 3月から12月

登山口はJR中央線大月駅からすぐそばなのでアクセス良好です。

ちなみに登山口は菊花山を経由するルートが2つ、そのまま御前山へ向かうルートが1つあります。

初心者は無辺寺側から菊花山を経て御前山へ向かうルートが良いでしょう。(今回のレポはこのルートです)

ほかの2ルートは荒れ気味のようです。(以前通った時も荒れていた記憶があります)

また中央線沿線の駅をスタート・ゴールにすればいろんなコースアレンジが出来ます。

例えば猿橋駅をスタートして御前山、九鬼山(十番山頂)経由で禾生駅ゴールなど。

ちなみに数年前に上野原の御前山から倉岳山、九鬼山を経て大月の御前山まで前道志全山縦走したこともありました(笑)

コースデータ


コースデータ詳細:【】は通常コースタイム

  • 大月駅(標高約360m)→【0:15】→菊花山登山口(無辺寺)(標高約380m)
  • 菊花山登山口(無辺寺)→【0:50】菊花山(標高約643m)
  • 菊花山→【1:00】→沢井沢ノ頭 (標高約750m)
  • 沢井沢ノ頭 →【0:25】→御前山(標高約730m)
  • 御前山→【0:20】→神楽山(標高約673m)
  • 神楽山→【0:35】→神楽山登山口(標高約356m)
  • 神楽山登山口→【0:10】→猿橋駅(標高約326m)

通常コースタイム:約3時間35分(休憩含まず)

コースレポート

今回はサクッと気楽な登山がしたかったので、JR中央線沿線で探すことに。

いくつか候補はあったけど、妻が日本三大奇矯の猿橋も見てみたいということで、大月駅から御前山経由で猿橋駅ゴールのプチ縦走をしてきました。(登山日は20/10/24)

まずは駅前のロータリーを国道20号へぶつかるまで南へ進みます。(途中コンビニあり)

大月駅入り口の信号を渡り右方向へ。

右へ曲がってすぐに菊花山の案内がありますが、階段を上がったコースは荒れているとの情報なので今回はスルーします。

ちなみに階段を上がり進むと、以下のような標識が出てきますが、今回は赤い標識にあるように170m先の登山口から登ります。(山慣れしてない方は170m先の登山口のほうがいいでしょう)

170m歩くと無辺寺というお寺があり、写真のように登山口標識があります。

ちなみにここの道を数メートル進むと、富士山が顔を出してくれます。

国道から標識に従って進むと大きな石碑が現れ、その右奥から本格的な登山道のはじまりです。

まずは菊花山(643m)を目指して約300m登ります。

登山道はだんだんと色づきはじめてたけど、本調子にはまだまだでした。

途中、開けた場所から左奥に富士山が見えましたが、すぐ雲に隠れてこの後顔を出すことはありませんでした。。

登り進めるとはじめにスルーしたコースと合流、ここまでくれば菊花山まであと少し。

岩を越え、ちょい進むと

菊花山に到着!目の前には岩殿山がみえます。

眼下には大月cityがまるっと見渡せます。

ここからは百蔵山や扇山など北側の山々が見渡せ、これだけでも結構満足です。

景色を堪能したら、御前山へ出発。

山頂直下の岩を降りると、まもなく道が2手に分れますが、赤テープがあるのでそれに従い南へ進みます。

あとは御前山と馬立山の縦走路に突き当たるまで道なりです。

この辺は特に難しい箇所はなく、静かな山歩きを楽しめます。

平坦な道が登り基調に変わったら、縦走路の分岐が近いです。

分岐に到着。ここから馬立山方面に5分ほど登ると沢井沢ノ頭という小ピークがあります。

昔通ったとき、眺めが良かった記憶があったので行ってみましたが、そんなによくなかったです。。

木々の隙間からかろうじて九鬼山が見える程度でした。

少し休憩したあと分岐まで戻り、御前山へ方面へ。

大月駅からの菊花山を通らないルートと合流すれば、御前山まであと一息です。

御前山の山頂はコースから外れた岩の上にあり、

南側の道志山塊の眺めがいいです。

しかし、肝心の富士山が雲に覆われ見えませんでした。。

せっかくの秀麗富嶽十二景なのに残念。

ちなみに山頂はそこまで広くないですが、休憩スペースあります。(南側は崖なので注意)

10分程のんびりしたら猿橋駅へ下山を開始。

途中、笹藪ぽっいところがありますが、踏み跡もあり数メートルで終わるので問題ありません。

また、猿橋駅へ降りる分岐で神楽山へ行けますが、神楽山はご覧の通り展望はまったくありません。

のんびり30分ほど下っていくと以下の場所に出て、道なりに進むと猿橋駅へ到着です。(遠回りになりますが、20号沿いを線路を越えて進むとセブンイレブンがあります。そこから猿橋駅北口へも行けます。)

我々のペースでは無辺寺登山口からここまで約2時間半、駅からの時間を含めても3時間足らずの登山でしたが、山歩きとして充分に楽しめるコースでした!

今後もこういうサクッとした登山を楽しんでいこうと思います。

日本三大奇矯 猿橋

日本三大奇橋の一つ猿橋はJR中央線猿橋駅から約20分ほど歩いた場所にあり、桂川渓谷上に架けられています。(他の2つは山口県の錦帯橋、徳島県のかずら橋だそうです)

現在の猿橋は1984年に江戸時代の橋を復元したもので、国から名勝指定されていてます。

橋からの眺めも想像よりきれいで訪れた甲斐がありました。

紅葉は11月中旬からのようです。大月市のHPで2017.11.15の紅葉状況が見れますが、見事でしたよ。

反対側は水路橋があります。(奥に見える赤い橋は国道20号の新猿橋)

こちらも重要文化財で八ツ沢発電所の施設として明治45年に建設されたみたいです。

鉄筋コンクリートで出来たアーチ橋の中を勢いよく流れる水は迫力ありました!

猿橋見物のあとは遊歩道を駅方面へ歩き、桂川のほとりでお昼をとりました。

紅葉の写真が綺麗だったので、11月中旬頃にまた訪れてみようかな。

猿橋へのアクセス

駐車場情報は大月市の猿橋周辺の駐車場と歩き方ガイドをご覧下さい。

猿橋駅からは徒歩約20分、駅からバスも出ています。

地図情報

25000図: 大月 御前山

御前山登山口へのアクセス

マイカーアクセス

タイムズ 大月第5駐車場:7台
駐車後24時間 最大料金500円
18:00-08:00 最大料金300円
その他詳細はタイムズのHPをご覧下さい。

公共交通アクセス

菊花山 無辺寺登山口: JR中央本線大月駅から徒歩約10分(800m)

※無辺寺登山口手前にも登山口がありますが、無辺寺登山口へは階段を登らず、国道を写真の場所まで歩きます。

 

入浴施設

近くに入浴施設はありませんが、大月駅そばに大月環境協会が運営するつきの駅があり、そこにシャワールームがあります。が、

20/10/24時点ではコロナの影響でシャワールームの営業は停止しています

再開時期は未定なので気になる方は0554-56-9033まで問い合わせて下さい。(Google地図に出てきた電話番号をのせてます)

また、大月駅のシャワールーム併設カフェAMAYADORIは閉店しています。

まとめ

いかがでしたか?

大月の御前山を簡単にまとめるとこんな感じです。

  • 中央線沿線の駅からアクセスがよい
  • サクッと登山からじっくり登山まで可能
  • 晴れていれば富士山の眺めがよい

遅く起きた朝や午後から予定のある人など、短時間で山に行きたい人にオススメです。

駅to駅のサクッと登山もたまにはいいものですよ。

また、同じ御前つながりで奥多摩の御前山や、他の中央線沿線の山についてもまとめてあるので、よかったらご覧下さい。

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました!

+1
ABOUT ME
ウエッキー
ランニングと山が好きな人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA