登山

【ブナの森の山歩き】奥多摩三山 御前山

今回は奥多摩三山の一つ、御前山の紹介です。

奥多摩主脈縦走路にあるので、さまざまなアプローチができ、初心者から健脚者まで楽しめます。

コースは奥多摩湖から出発し、御前山鋸尾根を経て奥多摩駅に下山するコースです。

今回はブナ林の紅葉を期待して登りましたが、少しフライングでした😅

標高は1405mと高くはないですが、季節ごとに植物の変化を楽しめる人気のお山です。

春先に咲くカタクリで有名で、花の百名山にも選出されています。

登山情報を簡単にまとめてみたので、奥多摩の山に興味ある方は是非ご覧下さい。

最新の登山道情報は、奥多摩ビジターセンターの【登山道・道路状況一覧】をご覧ください。

御前山 基本データ

御前山は、大岳山三頭山と共に奥多摩三山の一つとして有名なお山です。

名前の由来は山の形状が「神供する御膳の飯を盛った様」からその名がついたようです。

山頂は北側しか開けてませんが、雲取山鷹ノ巣山方面の展望が開けています。

奥多摩主脈縦走路上にあるため、登山口・下山口のアプローチが豊富で、いろいろなプランを立てられます。(今回は奥多摩湖からの案内がメインですが、五日市側からもアクセスできます)

健脚者であれば、三頭山から大岳山御岳山と日帰り縦走も可能です。

標高1405m
所在地東京都
エリア奥多摩山域
登山適期4月から11月後半

また、御前山はカタクリの花でも有名で、4月下旬から5月上旬にかけて山頂一帯で見られます。

ちなみにカタクリとはこのような花です。

御前山 コースデータ

コースデータ詳細:【】内は通常コースタイム

  • 奥多摩湖バス停(標高約540m)→【1:30】→サス沢山(標高約940m)
  • サス沢山→【1:15】惣岳山(標高約1348m)
  • 惣岳山→【0:20】→御前山(標高約1405m)
  • 御前山→【1:10】→大ダワ*トイレあり(標高約990m)
  • 大ダワ→【0:15】→鋸尾根分岐(標高約1080m)
  • 鋸尾根分岐→【1:40】→愛宕山公園入口(標高約330m)

通常コースタイム:約6時間10分(休憩含まず)




コースレポート

最近、都心もめっきり寒くなったので、奥多摩はそろそろ色づいてるかな?と思い、ブナの森で有名な御前山へ。(登山日は20/10/18)

奥多摩駅は登山者でにぎわい、奥多摩湖までのバスも増便が出てました。
ちょうど駅には、奥多摩周辺のトイレをキレイにしてくれる、クリーンキーパー車が来ていました。

奥多摩のトイレがキレイなのはこの人達のおかげです😊

奥多摩湖でバスを降りると、ちょうど太陽が顔をのぞかせ、湖畔を照らしてくれました。

小河内ダムを渡り、突き当たりを左へ進むと大ブナ尾根コースの登山口です。
サス沢山までは、のっけから急登が続き、いい準備運動になりましたw

スタートから約400mほど登ると、サス沢山に到着。

ここには奥多摩湖が一望できる展望台があり、ここまで頑張ったご褒美をもらえます😀

ここから先も急登が続きますが、ブナ林に癒されながら一歩一歩前へ。

マイナスイオンを肌で感じる尾根道です。

紅葉を期待してましたが、「まぁいいか」と思えるくらい、鮮やかな緑に囲まれていました。

また、登山道には山栗が大量に落ちていました🌰
帰宅後に調べてみると、この時期は山栗を目当てに登る人もいるそうです。(山栗は小さいけど甘いみたいです)

最後の急登を登ると、惣岳山(そうがくさん)に到着。
展望はありませんが、ベンチがあるので一休みできます。

ここからは穏やかな道に変わり、御前山までは10分ほどです。

御前山に到着すると、以前訪れた頃より、山頂標識が立派になっていました。
広い山頂にはベンチが沢山あり、お昼休憩にちょうどいいです。

南側は雑木林で展望はありません。

北側は雲取山鷹ノ巣山方面が一望できますが、この日は雲に隠れていました。。

お昼を食べたら、下山開始。

まずは大ダワまで行き、そこから鋸尾根経由で奥多摩駅に向かいます。

大ダワまでは、緩やかな道を下ります。
この道は奥多摩主脈縦走路の区間でもあり、全体的に歩きやすいです。

大ダワは林道と交差する場所にあり、公衆トイレもあります。
ここから鋸尾根に向かうため、林道先の登山道に入ります。

一踏ん張りして尾根道へ合流したら後は下るだけ。

鋸尾根は変化に富んだルートで、登りに使うには大変ですが、下りは奥多摩の山々を見ながら気分良く歩けます。

この尾根の展望スポットは、3mくらいのクサリ場があるこの岩場。
六ッ石山石尾根など、穏やかな山稜が見渡せます。

ちなみにクサリ場はこんな感じですが、巻くルートもあります。

木立に囲まれた急坂をひらすら下ると、愛宕神社に到着です。

この場所はまだまだ山の中ですが、こんな立派な五重の塔まであります。

そしてこの先には、この尾根の一番の難所である187段の石段が待ち構えています。
かなり急な石段なので、手すりを掴んで下りたほうが安全です。

石段をクリアすると普通の山道に戻り、しばらく進むと愛宕山神社の登山口に到着します。

多摩川を渡り、奥多摩駅まで歩けばゴールです。
何度も足を運んでいるコースですが、やっぱり深い緑に囲まれた山歩きはいいものですね。

色鮮やかな景色はおあずけでしたが、ブナの森に癒された1日でした😃

登山便利グッズ

Buff(バフ)はあると便利な高機能ヘッドウェアです。汗を素早く吸収し、尚且つ速乾性防臭機能もあります。デザイン性もよく、10通り以上のアレンジが可能です。


スノーピークの超軽量(178g)折りたたみ傘収納サイズも22cmと小型で、ザックに入れておけば、突然の雨にも安心


ジェットボイルフラッシュは、0.5リットルの水を約1分40秒沸騰させます。コーヒー用のお湯も、カップラーメン用のお湯も、あっという間に沸騰します。日帰りでもテント泊登山でも重宝する優れ物です。

 

【山の本厳選30冊】山好きに読んでもらいたいオススメ本を「カテゴリー別」に紹介します!

地図情報

25000図: 御前山 周辺図

御前山登山口へのアクセス

マイカーアクセス

小川内ダムから

水根駐車場:約50台(無料)

24時間駐車可能、トイレなし。
昔はトイレがありましたが、20/10/18に訪れた際は老朽化で撤去されたのか、ありませんでした。
ダム方面に5分歩けば、トイレがあります。
六ツ石山鷹ノ巣山登山にも便利です。

奥多摩湖ダムサイトパーキング:普通車65台、大型7台(無料)

24時間駐車可能、トイレあり。

栃寄から

栃寄観光用駐車場 :約40台

24時間駐車可能、トイレなし。

公共交通アクセス

バスの時刻表および料金は西東京バスのHPでご確認ください

小川内ダムから

奥多摩湖バス停:奥多摩駅からバスで約15分。

栃寄から

境橋バス停:奥多摩駅からバスで約6分。




温泉施設

奥多摩温泉 もえぎの湯:利用料630円
【営業時間】
・4月~11月 10:00~20:00(最終受付け19:00)
・12月~3月 10:00~19:00(最終受付け18:00)
定休日/月曜日※月曜日が祝日の場合は翌日

玉翠荘:利用料800円

日帰り風呂の営業はお休み中で再開の時期は未定のようです

河辺温泉 梅の湯 (スーパー銭湯):利用料880円
奥多摩駅から離れていますが、中は広くて過ごしやすいです。
【営業時間】10:00~23:30(最終受付け19:00)【定休日】第3水曜日

まとめ

御前山のコースレポは、いかがでしたでしょうか?

紅葉を求めて訪れた御前山でしたが、鮮やかな緑に囲まれた登山道にすっかり癒されてしまいました🙂

今回のポイントをまとめるとこんな感じです。

・ブナやミズナラなど植生豊かで、季節ごとに植物の変化を楽しめる
・眺望はそれほどないが森林浴にはもってこい(石尾根方面は開けてます)
・奥多摩主脈縦走路にあるので、登山コースも豊富

大ブナ尾根の急坂は苦労しましたが、その後の樹林歩きでは新鮮な空気が体に行きわたり、日頃のストレスが吹き飛びました!

森林セラピー目的で訪れるのもいいかもしれませんね😀

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました!

ABOUT ME
ウエッキー
ランニングと山が好きな人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA