登山

【ブナの森の山歩き】奥多摩三山 御前山

今日は奥多摩三山の一つ、御前山の紹介です。

春先に咲くカタクリで有名で、花の百名山にも選出されています。

奥多摩主脈縦走路上にあるため様々なアプローチができ、初心者から健脚者まで楽しめます。

今回はブナ林の紅葉を期待して登りましたが、少しフライングでした。。

標高は1405mと高くはないですが、季節ごとに植物の変化を楽しめる人気のお山です。

登山情報を簡単にまとめてみたので、奥多摩の山に興味ある方は是非ご覧下さい。

最新の登山道情報は、奥多摩ビジターセンターの【登山道・道路状況一覧】をご覧ください。

御前山 基本データ

御前山は大岳山と三頭山と共に奥多摩三山の一つとして有名です。

名前の由来は山の形状が「神供する御膳の飯を盛った様」からその名がついたようです。

山頂は北側しか開けてませんが、雲取山や鷹ノ巣山方面の眺めがいいです。

奥多摩主脈縦走路上にあるため、登山口/下山口のアプローチも豊富でさまざまなプランが立てられます。
(今回は奥多摩湖からの案内がメインですが、五日市側からもアクセスできます)

トレランナーであれば三頭山から大岳山、御岳山と日帰り縦走も可能です。

標高 1405m
所在地 東京都
エリア 奥多摩山域
登山適期 4月から11月後半

また、御前山はカタクリの花でも有名で、4月下旬から5月上旬にかけて山頂一帯で見られます。

ちなみにカタクリとはこのような花です。


コースデータ

コースデータ詳細:【】は通常コースタイム

  • 奥多摩湖バス停(標高約540m)→【1:30】→サス沢山(標高約940m)
  • サス沢山→【1:15】惣岳山(標高約1348m)
  • 惣岳山→【0:20】→御前山(標高約1405m)
  • 御前山→【1:10】→大ダワ*トイレあり(標高約990m)
  • 大ダワ→【0:15】→鋸尾根分岐(標高約1080m)
  • 鋸尾根分岐→【1:40】→愛宕山公園入口(標高約330m)

コースレポート

最近、都心もめっきり寒くなったので、奥多摩はそろそろ色づいてるかな?と思い、ブナでにぎわう御前山へ。(登山日は20/10/18)

思った通り奥多摩駅は登山者でにぎわい、奥多摩湖までのバスも増便が出てました。

ちょうど駅には奥多摩周辺の公衆トイレをキレイにしてくれることで有名なクリーンキーパー車が来てました。

奥多摩のトイレがキレイなのはこの人達のおかげです。

奥多摩湖でバスを降りるとちょうど晴れてきて、湖畔がきれいでした。

小河内ダムを渡り、突き当たりを左へ進むと大ブナ尾根コースの登山口です。

サス沢山まではのっけから急登が続き、いい準備運動になりますw

スタートから約400m上がり、サス沢山へ到着。

ここは奥多摩湖が一望できる展望台があり、ここまで頑張ったご褒美をもらえます。

ここから先も急登が続きますが、ブナ林に見とれながら一歩一歩前へ。

マイナスイオンを肌で感じる尾根道です。

紅葉を期待してましたが、まぁいいかと思えるくらい癒されました。

登山道には山栗が大量に落ちていて、調べてみるとこの時期は山栗目当てで登る人もいるそうです。(山栗は小さいけど甘いみたいです)

最後の急登を登ると惣岳山に到着。(展望なし)

ここまでくれば御前山まではあと少しで、緩やかな道が続きます。

御前山到着!昔来た頃より山頂標識が立派になっていました。

山頂は広くベンチが沢山あり、昼休憩にちょうどいいです。(南側は雑木林で眺めなし)

北側は雲取山や鷹ノ巣山方面が見えますが、この日は雲に隠れてしまってました。。

下山ルートは大ダワまで行き、そこから鋸尾根にのっかり奥多摩駅へ。

大ダワまでは緩やかな下り基調な道が続きます。

この間は奥多摩主脈縦走路でハセツネのコースでもあり、全体的に歩きやすいです。

大ダワには公衆トイレもあります。

ここから鋸尾根に向かうために道路を渡り、鋸山/大岳山の標識のルートへ。

一踏ん張りして尾根道へ合流したら後は下るだけ。

鋸尾根は変化に富んだルートで、リズムよく下ると気分がノってきます。(登りに使うには急登なので大変かも)

この尾根の展望スポットは、3mくらいの鎖がぶら下がってるこの岩場。

位置的にみて遠くに見えるのはたぶん、六ッ石山だと思います。

ちなみに鎖場はこんな感じですが、巻くルートもあります。

この後はひたすら下ると、愛宕神社へたどり着きます。

ここもまだまだ山の中ですが、こんな立派な五重の塔まであります。

そしてこの尾根の一番の難関、187段の石段です。

ここはかなり急で手すりを掴まないと、足を踏み外す可能性大で危険です。

石段をクリアすれば後は普通の山道になり、愛宕山神社の登山口に到着します。

多摩川を渡り、奥多摩駅に到着して登山終了。

駅付近のお風呂は混んでそうだったので、中央線浴線の銭湯で汗を流しました。

色鮮やかな景色はおあずけでしたが、ブナの森に癒された山歩きでした。

地図情報

25000図: 御前山

御前山登山口へのアクセス

マイカーアクセス

小川内ダムから

水根駐車場:約50台(無料)

24時間駐車可能、トイレなし。
昔はトイレありましたが20/10/18に訪れた際はなかったです。老朽化のため?
ダム方面に5分歩けばトイレあります。
六ツ石山鷹ノ巣山登山にも便利です。

奥多摩湖ダムサイトパーキング:普通車65台、大型7台(無料)

24時間駐車可能、トイレあり。

栃寄から

栃寄観光用駐車場 :約40台

24時間駐車可能、トイレなし。

公共交通アクセス

バスの時刻表および料金は西東京バスのHPでご確認ください

小川内ダムから

奥多摩湖バス停:奥多摩駅からバスで約15分。

栃寄から

境橋バス停:奥多摩駅からバスで約6分。

温泉施設

奥多摩温泉 もえぎの湯:利用料630円
【営業時間】
・4月~11月 10:00~20:00(最終受付け19:00)
・12月~3月 10:00~19:00(最終受付け18:00)
定休日/月曜日※月曜日が祝日の場合は翌日

玉翠荘:利用料800円

日帰り風呂の営業はお休み中で再開の時期は未定のようです

河辺温泉 梅の湯 (スーパー銭湯):利用料880円
奥多摩駅から離れていますが、中は広くて過ごしやすいです。
【営業時間】10:00~23:30(最終受付け19:00)【定休日】第3水曜日

まとめ

いかがでしたか?

今回の御前山登山をまとめるとこんな感じです。

  • ブナやミズナラなど植生豊かで、季節ごとに植物の変化を楽しめる(20/10/18に訪れた時は紅葉まだまだでした)
  • 眺望はそんなにないが森林浴にはもってこい(山頂は鷹ノ巣山方面が開けてます)
  • 奥多摩主脈縦走路にあるので、登山コースも豊富

大ブナ尾根は急坂で大変でしたが、その後の樹林歩きでは新鮮な空気が体に行きわたり、日頃のストレスが解消しました!

森林セラピー目的で訪れるのもいいかもしれませんね。

それでは、最後までご覧頂きありがとうございました!

ABOUT ME
ウエッキー
ランニングと山が好きな人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA