Amazon

どっちがおすすめ?【Audible VS audiobook】比較表で簡単理解

Audible(オーディブル)」と「audiobook.jp(オーディオブック ドットジェイピー)」

似たようなサービスだけど、どっちを選べばいいんだろう?

そんな悩みを持つ方に向けて、両サービスを経験したわたしが

  • 双方のメリットとデメリット
  • どちらがお得で使いやすいか

をわかりやすく紹介していきます。

この記事を読むことでAudible」と「audiobook.jp」のメリット・デメリットを比較でき、自分にとって最適なサービスを選べます。

オーディオブックは、本の内容をプロの音声で耳から理解でき、すきま時間を有効に使えるサービスです。

  • 気軽に本の知識を学びたい
  • 小説などを聴いて退屈な時間を紛らわしたい

といった方におすすめなので、ぜひ自分に合ったサービスを見つけ、音声読書を楽しみましょう!

>>>「Audible」の詳細を見てみる(30日間の無料体験あり)
>>>「audiobook.jp」の詳細を見てみる(2週間の無料体験あり)

オーディオブックの簡単概要

Audible(オーディブル)」と「audiobook.jp」の比較をする前に、オーディオブックの概要を簡単に説明します。

いつでも、どこでも、音声読書を楽しめるオーディオブックは、紙や電子書籍に続く第3の書籍として、いま話題のサービスです。

主な特徴は、以下の通り。

  • 必要なのは耳とスマホだけ
  • プロのナレーターが本を朗読
  • 音楽を聴く感じで本の内容が理解可能
  • 何かやりながらの「ながら聴き」も可能
  • 有益な本は繰り返し聴くことで記憶に定着

YouTubeでもわかりやすく解説しています。

Audible:


audiobook.jp:

わたしは、通勤中や家事の合間にオーディオブックを利用しています。

普段の生活を変えず「すきま時間」を有効活用できるので、読書量が大幅に増えました。

今では欠かすことのできないサービスです。

「Audible」と「audiobook.jp」は、共に聴き放題プランがあるので、普通に書籍を買うよりお得に本を楽しめます

他にも類似サービスがありますが、規模が小さくラインナップも少ないので、これら2つを押さえておけばOKです。

それでは、前置きが長くなりましたが「Audible」と「audiobook.jp」の比較表を見ていきましょう!

「Audible」と「audiobook.jp」の比較表

以下が「Audible」と「audiobook.jp」の比較表です。
(横にスクロールできます)

サービス名Audible
(オーディブル)
audiobook.jp
(オーディオブック
ドットジェイピー)
運営会社Amazon株式会社オトバンク
コンテンツ数約40万冊
(日本語作品は約1.8万冊)
約2.7万冊
聴き放題対応
コンテンツ数
約12万冊
(日本語作品は約1.7万冊)
約1.5万冊
聴き放題
料金プラン
(税込)
1ヶ月:1,500円
1年間:18,000円
月割プラン:
1ヶ月:880円 / 1年間:10,560円
年割プラン:
1ヶ月:625円 / 1年間:7,500円
(月割に比べ、3ヶ月分以上お得)
無料お試し期間30日間2週間
単品購入可能(1800円~5,000可能(1800円~3,000
対応デバイス
  • iPhone、iPad
  • Apple Watch
  • Android
  • PC
  • Amazon Echo
  • iPhone、iPad
  • Android
複数端末で
同時ログイン
各端末3台まで同時利用可能使用端末が同じ場合は不可

iPhoneとiPhoneの同時利用は不可
AndroidとiPhoneの同時利用は可
アプリ機能
  • 速度調整
  • スリープタイマー
  • オフライン再生
  • バックグラウンド再生
  • ブックマーク機能
  • ドライブモード
  • メモ機能
  • レビュー確認
  • 速度調整
  • スリープタイマー
  • オフライン再生
  • バックグラウンド再生
  • ブックマーク機能
得意ジャンル
  • 最新作
  • 小説
  • ライトノベル
  • 絵本・児童書
  • ビジネス
  • 教養
  • 自己啓発
  • ビジネス
  • 教養
  • 自己啓発
ポッドキャスト無料で聴き放題無料・有料あり
解約タイミングいつでも可能いつでも可能

以上、主な項目を比較してみました。

それぞれの特徴をまとめると以下のようになります。

  • 「Audible」はコンテンツ数や機能が充実
  • 「audiobook.jp」はコスパがいい

次項からは、「Audible」と「audiobook.jp」のメリット・デメリットを深掘りしていきます。

>>>「Audible」の情報をもっと知る
>>>「audiobook.jp」の情報をもっと知る

「Audible」と「audiobook.jp」のメリット・デメリット

コンテンツ・得意ジャンルの詳細比較

サービス名Audibleaudiobook.jp
コンテンツ数約40万冊
(日本語作品は約1.8万冊)
約2.7万冊
聴き放題対応
コンテンツ数
約12万冊
(日本語作品は約1.7万冊)
約1.5万冊
得意ジャンル最新作・文学・ミステリービジネス・教養・自己啓発

Audibleのメリット

● 海外作品の翻訳本が豊富。

たとえば、ハリー・ポッターシリーズは風間杜夫がナレーターで、全作品聴き放題。

● 聴き放題コンテンツ数が「audiobook.jp」より多い。

● 有名俳優がナレーターを務めるコンテンツが多数。

なかでも評価件数3,361件の下記作品は、星5つ評価うち4.5の名作。
半沢直樹 アルルカンと道化師』[著者] 池井戸 潤 [ナレーター] 吉田 健太郎

● 話題作のオーディオブック化が早い。

幻冬舎新書は今後、新刊を書籍発売と同時にオーディオブック化予定。

Audibleのデメリット

▼ 大半が海外作品で日本語対応の本が思ったより少ない。

約40万冊の内、日本語対応作品は約1.8万冊(2022年2月19日調べ)

audiobook.jpのメリット

● 日本語のオーディオブック書籍がラインナップ数No.1。

● ビジネス・教養・自己啓発のジャンルに強い。

星野リゾートの星野佳路代表も愛用しているそうです。

以下は「Audible」では聴くことのできない人気コンテンツ。(2022年4月1日調べ)

audiobook.jpのデメリット

▼ エンタメ(小説・ライトノベル・エッセイ)に弱い。

スマホアプリの詳細比較

サービス名Audibleaudiobook.jp
アプリ機能
  • 速度調整
  • スリープタイマー
  • オフライン再生
  • バックグラウンド再生
  • ブックマーク機能
  • ドライブモード
  • メモ機能
  • レビュー確認
  • 速度調整
  • スリープタイマー
  • オフライン再生
  • バックグラウンド再生
  • ブックマーク機能

Audibleのメリット

● 「audiobook.jp」にはない以下の機能がある。

  • ドライブモード:上記画像の右側
  • メモ機能:ブックマークした箇所にコメントを残せる
  • カスタマーレビュー確認:作品の評価やコメントを確認できる

Audibleのデメリット

▼ 速度調整の変更が使いにくい。(カーソル操作なので、設定したい速度に合わせにくい)


audiobook.jpのメリット

● 速度調整の際、+・ーボタンがあるので調整が簡単。

● 速度調整が最大4倍速まで可能。(Audibleは最大3.5倍まで)

audiobook.jpのデメリット

▼ カスタマーレビューの確認ができないので、第三者の評価がわからない。

▼ ブックマークした箇所にメモを残せない。

料金プランの詳細比較

サービス名Audibleaudiobook.jp
運営会社Amazon株式会社オトバンク
聴き放題
料金プラン
(税込)
1ヶ月:1,500円
1年間:18,000円
月割プラン:
1ヶ月:880円 / 1年間:10,560円
年割プラン:
1ヶ月:625円/ 1年間:7,500円
(月割に比べ、3ヶ月分以上お得)
ポッドキャスト無料で聴き放題無料・有料あり
無料お試し期間30日間2週間
解約タイミングいつでも可能いつでも可能

Audibleのメリット

● 聴き放題プランには「ポッドキャスト」の聴き放題も含まれる。

「ポッドキャスト」とは、わかりやすく言うと「オーディブルのラジオ局」のようなもの。
たとえば「アルク英語チャンネル」や堤幸彦監督が手がける「オーディブルドラマ」など、幅広いコンテンツが含まれています。


● Amazonアカウントがあれば簡単登録。

● 無料お試し期間が30日。

Audibleのデメリット

▼「audiobook.jp」より利用料金が高い。

▼ 支払い方法がクレジットカードのみ。(Amazonポイントは使えません)

audiobook.jpのメリット

●「Audible」より利用料金が低い。

● クレジットカード支払い以外にスマホキャリア決済も可能。

audiobook.jpのデメリット

▼ 無料お試し期間が2週間。

>>>「Audible」を無料で体験してみる
>>>「audiobook.jp」を無料で体験してみる

まとめ:音声読書ですきま時間を楽しもう

以上「Audible」と「audiobook.jp」の比較でした。

最後にもう一度振り返りましょう。

「Audible」のメリットコンテンツ数が充実

「Audible」のデメリット月額料金が高い

「audiobook.jp」のメリット月額料金が安い

「audiobook.jp」のデメリットコンテンツ数が少ない

それぞれ長所と短所が相反しているため、コンテンツ数で選ぶなら「Audible」コスパで選ぶなら「audiobook.jp」というところでしょうか。

どちらのサービスも聴き放題なので、聴けば聴くほどお得なのは間違いありません。

初めての方はまず、

  1. 「Audible」を無料で30日間体験してみる
  2. 「audiobook.jp」を無料で2週間体験してみる
  3. それから、気に入った方を選ぶ

という手順をとると、両方の特徴を体験できるので、自分に合った最適なサービスが選べます。

音声読書はあらゆる場面で活躍し、あなたにさまざまなハッピーを与えてくれます

まずは、1度無料体験を試してみてはいかがでしょうか🙂

>>>「Audible」を無料で体験してみる
>>>「audiobook.jp」を無料で体験してみる

ABOUT ME
ウエッキー
ランニングと山が好きな人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA