断酒・禁酒

【断酒・禁酒】断酒宣言後のまわりの反応とお酒の断り方

+1

お酒を断って250日(約8ヶ月)、そろそろ365日の大台がみえてきました。

お酒をやめてからの変化は、以前紹介した5ヶ月目以降はさほど変らず、いい意味でマンネリ化しています。

そこで今回は、大酒飲みだった自分が、「断酒宣言後のまわりの人達の反応」や、「お酒を勧められたときの断り方」をまとめてみました。

断酒禁酒に興味のある方の参考になれば嬉しいです😀

断酒宣言

断酒を開始してから、私が最初に悩んだ問題の一つに「お酒をやめるという決意をまわりの人達に伝えるべきか」というものがありました。

まわりの人達というのは、今まで飲み会で多くの時間を過ごした、職場や趣味でつながった人達のことです。

その人達に、お酒をやめたことを知ってもらいたかったのと、自分自身あとに引けない状況を作りたかったので、断酒宣言する事に決めました。

その前に、一番身近にいる妻に様子見で、

「いま家にあるお酒が全部なくなったら、もう一生お酒は飲まないから!」

と言ってみると、特に表情も変えず「へー」と言って終わり…

自分からしたら「もう一生お酒は飲まない」宣言は一大決心なのに、本気にしてもらえませんでした😭

職場には断酒を開始して、一週間たったある日、

「実は一週間前からお酒やめてるんです。もう一生お酒は飲まないです」

と、お昼に食堂で打ち明けてみると、

「えっ!? またまた、いつまで続くかねw」「なんでそんなことを?身体でもこわしたか?」

などと本気で不思議がられる始末😅

趣味のランニングサークルの人達も、おおむね同じ反応で「お酒を手放すなんて、どうかしている!」と言わんばかりでした。

酒好きで知られていたので、急に手のひら返したような行動は、信じてもらえないのもしょうがないですね。。

まあしかし、断酒宣言を行ったことで、自分のなかで「もうお酒は飲まないぞ」と覚悟ができました

自分が思う断酒宣言のメリットは、以下の通りです。

  • 簡単に前言撤回できない
  • 自分自身踏ん切りがつく
  • 飲まない人と思われて、飲み会に誘われにくくなる

最初はまわりの人に信じてもらえませんが、宣言通り断酒を続けていると、意志が強い人として、信頼度があがるかもしれませんよ😄



断酒宣言、その後と「酒は百薬の長」の誤解

断酒宣言から3ヶ月、6ヶ月と月日が経過すると、妻からはある程度信用してもらえるようになりました。

しかし職場の人間は、

「お酒をやめて6ヶ月経過したんですよ」

と言っても、

「酒を飲まないなんて人生なんて、考えられない」「飲まないと、毎日がつまらないでしょ?」

など、変わり者を見るような目でみられました😅

「お酒飲まないと、これだけ節約できるよ」「頭がさえて、時間が有効に使えますよ」

と、断酒のメリットを説明しても、

「お酒は必要経費だから、ある程度はしかたがない」「頭はモヤがかかるくらいがちょうどいい」

と言われ、まるで以前の自分をみているかのよう😂

みんなお酒は、体にも精神的にも良いものと思ってるので、病気でもないのにやめるのが不思議なんでしょうね。

自分もそう思ってました・・・

よく「酒は百薬の長」と知られ、ほどほどになら身体にいいと言われてますが、それが大きな間違いなのはご存じですか?

酒は百薬の長」というのは、昔の中国の皇帝がお酒の消費をうながし、酒税を取るために作ったキャッチコピーなんです。
(参考:「そろそろ、お酒やめようかな」と思ったときに読む本

実際、お酒はがんや様々な病気の元となり、身体には害しかありません。

精神的なメリットとして、「気分が落ち着く」「高揚感がある」などありますが、それらはアルコールの作用で脳機能が低下し麻痺してるだけなんです。

酒飲みたちの免罪符でもあるこの言葉が、ただのキャッチコピーだったてことを、世の酒飲み達に知ってもらいたいですね🙂




お酒の断り方

今のご時世、飲み会が開かれることは少なくなりましたが、お酒をやめてから一度だけ、送別会もかねた飲み会に参加したことがありました。

その時は、やはり複数人からお酒を勧められ、目の前で美味しそうに飲まれたりしましたが、

「お酒はヒ素だと思ってるんで、もう飲みません」「肝臓の数値がすぐ上がるので、飲めません

と断り続け、無事ソフトドリンクで乗り切りることができました。

もう少しやんわり断る方法としては、

  1. 健康上の問題でドクターストップ
  2. もう飲まないと家族と約束した
  3. このあと、車を運転する用がある

などがいいのではないでしょうか。

飲み会そのものを断りたいときにも使えると思います。

仕事の付き合いなどで、しょうがなく飲み会に行かなくてはならないときは、①が一番効果的です。

今までは飲めない人をみると、「かわいそう」とか「面白くないんじゃないか」と思ってましたが、お酒がなくても雰囲気だけで十分楽しめました。

終始シラフなので、醜態をさらすようなことも、記憶をなくすようなこともないですしね。

職場や友人達との飲み会は、コミュニケーションをはかる意味もかねて、たまには出席するつもりです。

「飲まない人」とまわりにイメージを定着させられれば、酒飲み仲間達との人間関係も壊さずにいられると思うので、お酒の誘惑や悪魔のささやきに負けず、頑張りたいと思います🙂




断酒は間違ってない

お酒は嗜好品ではなく、エチルアルコール」という健康に害を及ぼす合法薬物です。

お酒にとらわれると、精神的にも肉体的にもマイナスに作用し、日々の生活に悪影響がでてしまいます。

私も幾度となく、断酒中にお酒の誘惑に負けそうになりましたが、「お酒が幸せを与えてくれる」という考えを改めたり、「断酒のメリット」を思い出し、自分にブレーキをかけてきました。

断酒のメリットで代表的なものをあげてみると、

  • 心が軽くなり、精神が安定する
  • 有益な時間が増える
  • お金が貯まる
  • 病気のリスクの低減(がん、脳卒中など)

と、こんな感じですかね。

また、ひたすら我慢の断酒はつらいですが、お酒に対する考え方を見直すと、飲酒欲求が収まるので、以下の記事も参考にしてみてください。
【断酒・禁酒】なぜお酒を飲みたくなるのか?飲酒欲求を抑える方法

断酒を継続することで、必ず人生が好転します。

お酒の誘惑に負けそうなときは、これら「断酒のメリット」「自分が理想とする未来」を思い出し、幸せな人生を歩むため断酒を継続していきましょう😃

【参考】断酒・禁酒のお助け本


お酒をやめたい!と思ったらまず読むべき一冊。
お酒に対する見方が変わるロングセラー本です。


アルコール依存症の専門医が書いた「お酒のない人生」をサポートしてくれる本です。
お酒のデメリットや、お酒を止めて起こるメリットを丁寧に解説してくれています。
具体的な「節酒・禁酒術」の解説もあり、お酒をやめたい人にぜひ読んでもらいたい一冊です。


大酒飲みだった作家(元パンクロッカー)の断酒エッセー。
断酒に対する考え方が面白く、ためになる名言がたくさん出てきます。
断酒を手助けしてくれる良書です。

まとめ

断酒宣言をすると今までの酒飲み仲間から、冗談半分で皮肉を言われたり、冷やかされたり、肯定的には受け入れてもらえないと思います。

きっと、今まで仲間だと思っていた人間が、自分たちの世界から離れていくのが寂しいのでしょう。

断酒宣言は「簡単に前言撤回できない」「自分自身踏ん切りがつく」など、しないより、する方のメリットが大きいので、これから断酒を考えてる方はぜひ、検討してみてください。

お酒を勧められたときは、あらかじめ「断り方の答え」を用意しておくと、スムーズに断れますよ🙂

大切なのはお酒の世界の住人の言葉ではなく、お酒をやめて幸せな人生を歩むという自分自身の決意です!

それでは最後までご覧頂き、ありがとうございました。




+1
ABOUT ME
ウエッキー
ランニングと山が好きな人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA