断酒・禁酒

【断酒・禁酒】お酒の消費は減少中:アルコール業界の抵抗(微アル)に注意しよう

みなさんは、お酒の消費量飲酒人口が毎年減少しているのをご存知でしょうか?

令和元年の統計調査によると、お酒を週3日以上飲む人の割合は全体の約3割。

7割の人が飲酒習慣がありません。

その状況に危機感をつのらせたのが、アルコール業界です。

何とか売上を回復させようと「スマートドリンキング」なる造語を作り出し、飲まない人たちをターゲットにしたアルコール度数0.5%の「微アルコール」というジャンルを生み出しました。

しかし、アルコール度数0.5%といってもアルコールはアルコール。

体に悪影響をあたえる「エチルアルコール」という依存性薬物です。

油断して飲んでしまうと、結局酒量が増え、断酒する前の自分に逆戻りしてしまいます。

この記事では、

  • なぜ飲酒人口が減少したのか
  • アルコール業界の巧妙な手口

について、わたしなりの考えをまとめてみました。

アルコール業界の甘いささやきに気をつけよう」という内容なので、気軽に読んでもらえると嬉しいです😌

お酒の消費量は減少中・飲まない人も半数以上

日本では酒類の消費量が年々減っています。

国税庁がまとめた「成人一人当たりのお酒の消費量」を見てみると、その減少傾向は明らかです。

ちょうどバブルの終わりの平成4年をピークに減りはじめ、平成20年からほぼ横ばいが続き、令和になってさらに減少しています。

そして以下の表は、令和元年度の飲酒頻度を男女混合・年齢別にまとめた表です。

注目は赤枠で囲った箇所。

「やめた」「飲まない(飲めない)」の割合が39.2%、「ほとんど飲まない」も含めると55.1%にもなります。

全世代で見てみると、特に若い人たちのお酒離れが顕著でした。

わたしはこの結果を知った時「意外と飲まない人が多いんだな」というのが第一印象ですが、みなさんはどうでしょうか?

なぜ飲酒人口が減ったのか、その理由を考えてみたところ、次の2つが思い当たりました。

  1. アルコールリテラシーの向上
  2. お酒にお金をかけられない

①の「アルコールリテラシーの向上」については、まだまだ十分とはいえませんが、過去に起きたお酒に関する痛ましい事故が教訓となり、昔に比べると格段によくなったと思います。

以前は居酒屋へ行くと、そこかしこでイッキのコールが聞こたり、「お酒が飲めないのは努力が足りないからだ」といって、飲めない人を下に見る風潮がありましたよね。

最近になってようやく「嫌がる人にお酒を強要しない」という考えが浸透し、お酒が苦手な人もマイペースで飲める環境が増えてきたと感じています。

②の「お酒にお金をかけられない」に関しては、先ほど登場した酒量消費量の表が物語るように「景気の低迷が長引くにつれ、お酒の消費量も少なくなった」というのがその理由です。

お酒が弱い人や、お酒に囚われていない人は「大事なお金をお酒なんかに使えない」と考えられるので、だんだんとお酒から離れていったのだと思います。

わたしはどっぷりお酒に浸っていたので、月に3万円以上お酒に使っていましたが、今考えると完全にどうかしてました💦

以上のような背景があり、お酒に弱い人やお酒を美味しくないと思う人が、無理に飲まなくてもよい環境が整い、その結果、飲酒人口が減少したと推測します。

しかし、この傾向をよしとしないのがアルコール業界、彼らは巧妙な戦略を立ててきました、、




アルコール業界の抵抗に気をつけよう

目に見えて衰退しているアルコール業界ですが、新たな獲物、、もとい顧客を開拓すべく、新しいジャンルに力を入れています。

それが微アルコール飲料

微アルコール飲料とはアルコール度数0.5%から1.0%未満のお酒です。

最近では、アルコール度数0.5%のハイボールや、ビールテイスト飲料のCMがよく流れていますよね。

そもそも微アルコールとは何なのか、アサ◯ビールの広報いわく、

「世界的にアルコール市場が伸び悩んでいるため『たくさん飲める人たち』から『飲めない人、飲まない人、あえて飲まない人』に向けてアプローチするための商品

のようです。

余計なお世話とは、まさにこのこと😅

しかも、微アルコールは酒税法上「お酒ではない」ので酒税がかからないのです!

また「スマートドリンキング」、略して「スマドリ」という新しい造語を作り出し、微アルコールのイメージアップに利用しています。

この「スマドリ」というのは、

「飲む人も、飲まない人も、自分の体質や気分、シーンに合わせて、スマートにドリンクを選びましょう」

という、飲み方の多様性を推進するアサ◯ビールからの提案だそうです。

要は「体質的にお酒が弱い人でも飲めるように、アルコール度数の低いお酒を作ったから買ってね」ということですね😇

「飲み方の多様性」というフレーズも抽象的ですが、この中にはアルコール度数9%のストロング系飲料も入ってるので、この会社の闇を感じます。。

微アルコールの売り方も巧妙です。

有名タレントを起用し「お酒は毎日のご褒美で、幸せを与えてくれるもの」「美味しくてリラックスできるもの」とTVや街頭、SNSなど、至るところでアピールしています。

このような宣伝手法も問題ですよね。。

アルコールには依存性があり、その人の将来に悪影響を与える可能性があるので、海外(ヨーロッパやアメリカ)では上記のようなイメージ戦略は規制されています

日本でも最低限「有名人やスポーツと結びつけたCMは流さない」などの対策は必要ではないでしょうか。

「微アル」というと、そんなに酔わないイメージがありますが、そうはいってもアルコールはアルコール。

飲むだけで、体に有害な「アセトアルデヒド」と「活性酸素」を発生させます

薬物なので体にいいことは1つもありません。
>>【断酒・禁酒】酒は万病の元、お酒が引き起こす体への害について

とくに、断酒中の人間には危険な飲み物です。

  • 0.5%なら体に負担はないだろう
  • 0.5%なら飲み過ぎないだろう
  • 0.5%なら我を忘れないだろう

と飲んでしまうと、お酒の快感を思い出し、すぐ以前の酒量に戻ってしまいます。

そうなれば、断酒する前の自分に逆戻りです。

お酒に未練があるのであれば「幸せになるにはお酒が必要」という思い込みをなくし「お酒はご褒美ではなく、心身に害を与える毒」と強く認識することが効果的です。
>>【断酒・禁酒】なぜお酒を飲みたくなるのか?飲酒欲求を抑える方法

アルコール業界は何とか売上を上げようと、あの手この手でわたしたちを誘惑してきます。

そんな言葉に惑わされず、1日断酒を積み上げていきましょう!

【参考】断酒・禁酒のお助け本


お酒をやめたい!と思ったらまず読むべき一冊。
お酒に対する見方が変わるロングセラー本です。


アルコール依存症専門医が書いた「お酒のない人生」をサポートしてくれる本です。
お酒のデメリットや、お酒をやめて起こるメリットを丁寧に解説してくれています。
具体的な「節酒・禁酒術」の解説もあり、お酒をやめたい人にぜひ読んでもらいたい一冊です。


大酒飲みだった作家(元パンクロッカー)の断酒エッセー。
断酒に対する考え方が面白く、ためになる名言がたくさん出てきます。
断酒を手助けしてくれる良書です。

こちらの記事でも断酒関連のおすすめ本を紹介しています。
【断酒・禁酒のお助け本】お酒に負けない知識が学べるおすすめ本一覧
断酒を成功させるには、アルコールの正体を知ることです。
正しい知識を手に入れ、お酒に打ち勝ちましょう!

まとめ:微アルコールには要注意

今回は飲酒人口が減少している背景と、それに抗うアルコール業界の手口について考えをまとめてみました。

かんたんに振りかえると、

  • 日本のお酒の消費量は平成4年をピークに年々減少
  • 令和元年度のお酒を飲まない人口は、全体の55.1%

それに危機感をもったアルコール業界が「お酒を飲まない人」をターゲットにした微アルコールを製造しました。

しかし、微アルコールといってもアルコールはアルコール。

断酒中の人間が飲んでしまうと、お酒の快感を思い出し、すぐ以前の酒量に戻ってしまうので、気をつけましょうという内容です。

彼らは必死に「お酒は幸福感を与えてくれる」「飲まない人生はつまらない」と間違った認識を植えつけてきます。

そのような「お酒を飲ませようとする罠」に気をつけ、コツコツ断酒を続けていきましょう😀

それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました!




ABOUT ME
ウエッキー
ランニングと山が好きな人

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA